アフターピルの基礎知識について|アフターピルの代表薬アイピル

dfd
アフターピルの基礎知識
アフターピルはまた、緊急避妊薬とも呼ばれています。低用量ピルと違って、コンドームが破れた、不注意に性行為を行ったことなどの緊急な場合で避妊するために服用するピルです。それで、アフターピルも望まない妊娠を防ぐ最後の手段とされています。

アフターピルの作用機序について、アフターピルは中用量ピルとして、女性ホルモンに作用することで、排卵を抑制したり、遅らせたりする働きがあります。また、子宮への受精卵の着床を阻止することで妊娠を防ぎます。アフターピルを利用するとき、十分な効果を保証するために、服用タイミングを重視しなければなりません。早ければ早いほどアフターピルを服用してください。

アフターピルの避妊効果
アフターピルの避妊効果は100%ではなく、避妊効果は服用時間に密接な関係があります。一般的に性行為後72時間以内に服用したら、避妊率は平均で80%に達することができます。もし、規定の時間以外で服用すると、避妊率は急激に低くなっています。特に受精卵が着床してしまった後で服用しても、効果がありませんから、予めに了解しておいたほうがいいと思われています。

アフターピルの代表薬アイピル
アイピルはアフターピルの代表薬として、とても人気があります。一般的に、性行為の時にコンドーム等の避妊具を使用しなかったり、途中で脱落してしまった場合、性行為の後で避妊の措置を取りたい場合にアイピルを使用します。アイピルの効果と言えば、アイピルの有効成分はレボノルゲストレルで、レボノルゲストレルは受精と着床を阻害することができます。性行為後の24時間以内で服用すれば、95%の確率で避妊できると報告されています。

アイピルの具体的な服用方法というと、性行為後、72時間以内に1錠、水で服用します。もっと高い避妊率を得るために、できるだけ24時間以内で服用してください。服用後、吐き気、下腹部の痛み、頭痛、胸部の違和感、倦怠感、不正子宮出血などの副作用が現れてくることがありますが、軽度の症状が起こる場合、そんなに心配する必要はありません。副作用の改善対策として、まずは用法と用量を厳しく守ってください。また、吐き気や胃に起こる不快感を抑えるように、食後で服用したほうがいいと考えられています。

他には、アイピルの充分な効果を得るとともに、アイピルの副作用を最小限にされることができるために、服用前にアイピルの基本情報を了解しておいてください。もし、重篤な副作用を感じるとき、早めに医師や薬剤師にご連絡してください。

おすすめ情報サイト
シアリスの個人輸入についてもっと詳しく了解できます!